画像1



         『新年、復旧、七福神』
本日はご来訪いただきまして、まことにありがとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。年が明け、お正月4日には
越生町主催の『むさし越生七福神巡り』が行われ、七福神巡りの
ハイキングをされるお客様が多くおいでくださいました。

昨年より多い1700人の方がご参加されたそうで、境内はご参拝の
方々の声で賑わい、広場では地元の方々によるお茶が振る舞われ
農産物や食べ物のお店も出てと、日頃は静かな山寺が、にわかに
活気づく一日となりました。

ところで、お参りに来られた皆さまが、町道が崩落しているのを
見て驚かれ、毎年来てくださる方も「川の景色が変わったね」と
仰られておりました。その復旧工事が連休後に始まり、迂回路が
先に完成しております。全工事は今年度中に終わる予定です。

拙寺の参道は、下から山門を通るのが本来の順路ではありますが
途中が少し坂道になっております。坂道が大変という方は、上の
駐車場にお車をお停め頂き、上の方からもお参り頂けるのですが
その際には、こちらの迂回路をお使い下さい。

さて、本年は寒暖差が激しく、拙寺も1月に降雪がございました。
まさに復旧工事の最中で、工事員の方々はさぞや寒い事だろうと
心配になっておりました。皆様におかれましても寒暖差、風邪に
どうぞお気を付けて、新年を元気にお過ごし下さい。



      今月のお花:『蝋梅(ロウバイ)』
毎年12月の末あたりから、拙寺の経蔵周辺で甘酸っぱい香りが
漂ってきます。うつむき加減に透けるような黄色い花を咲かす
ロウバイです。『蝋』のようなツヤの『梅』のようなお花です。

この香りの成分はシネオール、リナロール、ボルネオ―ルで
鎮静や精神の安定作用、空気の浄化の効能があり、化粧品や
香水になどにも使われているそうです。

今年のロウバイは、寒暖のせいか、木によって花の咲き方が
違います。すでに花だけになっているもの、まだ葉をつけて
いるもの、花より葉が多いもの、葉も花も少ないもの…

寒暖差の激しい季節ですが、色々な咲き方を見られるのも又
この季節ならでは。第2駐車場周辺に4本、庫裏前の東側にも
1本の樹があります。ご来訪の際にはぜひ、様々な表情をした
ロウバイのお花を見付けてみて下さいね。