画像1



           『晋山式』
本日はご来訪いただきまして、ありがとうございます。
11月は多くのお寺にとって、大きな年間行持がない月です。
そのため、「晋山式」(しんさんしき)を行うお寺が多い
月となります。

日本では、多くのお寺が「○○山○○寺」という名前を持ち
これを「山号・寺号」と言います。拙寺は「長昌山・龍穏寺」。
また「総本山」という言葉があるように、お寺の事を「山」と
考えたり、呼んだりする事がよくあります。

晋山式は「山に晋む式」つまり「寺に進む式」という意味で
お寺に新しい住職が入り、代替わりする儀式のことを言います。
住職といえば、会社で言うところの「社長さん」のようなもの
ですから、一寺の長として披露される一世一代の式となります。

そのため1年、またはそれ以前から準備が始められ、檀家さん
をはじめ、近隣やご縁のあるお寺さんのご協力をいただいて
ようやくその式を行えるのです。拙寺でも皆様のお力を頂き
平成23年11月、現住職の晋山式を行うことができました。

その「社長」の11月の主な仕事は「落ち葉掃き」。木枯らしが
吹き、落ち葉も寒さもますます深まる季節になってきましたので
皆様もどうぞ、お風邪など召されませぬよう、お気を付け下さい。
落ち葉掃きの際には、どうぞ暖かい恰好をして下さいね。



    今月のお花:『紅葉と紫陽花』
11月は咲いている花が少なく、木々の葉が緑から赤や黄色に
変わっていく景色のほうが目につきます。拙寺の周辺は杉が
多いので、杉の常緑を背景に、紅葉がとても映えています。

今年の紅葉は、夏の猛暑と秋の日照不足のせいがあるのか
色づきが今ひとつかな…とも感じられます。それでもやはり
少しずつ色を変えていくさまに、季節の変化が感じ取れます。

日中は暖かい日もまだありますが、朝方は息が白くなるような
日も多くなってまいりました。そんな中、朝日に透けた紅葉は
趣があり、とてもきれいです。

お花は少ない月ですが、鮮やかに実った柚子や、まだ境内の
片隅で咲いてるアジサイ(11月なのに!)など、今の時期に
しか見れないものを、ぜひ見つけてみてください。