画像1



           『ドラマ撮影』
本日はご来訪いただきまして、ありがとうございます。今月半ば
拙寺では珍しい事がありました。ドラマの撮影です。嬉しい事に
これまで幾度か、撮影を御受けさせて頂いた事もあったのですが
今回は朝7時から夜7時過ぎまで、初めての丸一日の撮影でした。

一日かけて境内のあちこちで撮影が行われ、したがって放映の際も
拙寺の景色が長く映し出されるようで、面映ゆいながらも、嬉しい
限りです。放映日は秋口になるそうですが、正確に分かりましたら
こちらで番組名も含めてご紹介させて頂きます。

さて、今年は元号が切り替わり、龍穏寺でも新しい事が起きます。
この夏より、新住職が就任する事になりました。新住職は秩父市
【光明寺】住職【中井隆吾】が、龍穏寺を兼務させて頂きます。
皆様、何卒よろしくお願いいたします。

新住職は現在、横浜市にございます曹洞宗大本山・總持寺の副監院で
あるため、總持寺に精勤しております。そのため龍穏寺には、越生町
【建康寺】住職【椎葉紋弘】が常駐する形となります。新体制となる
龍穏寺も、どうぞよろしくお願い申し上げます。



      今月のお花:『紫陽花(アジサイ)』
梅雨のお寺、といえば「アジサイ」を想像される方が多いのでは
ないでしょうか。そこで今回は拙寺の「アジサイ三変化(?)」を
ご紹介させて頂きます。

【1】関東でも真夏日を記録した日のアジサイ。
雨が降らない日が続いて、その上での猛暑。せっかく咲き始めた
お花がしおれかけに…

【2】翌日、雨が降り元気を取り戻したアジサイ。
六月のアジサイらしい優しい色あいのまま、すっかりしゃきっと
元気になりました。

【3】そのまま雨が降り続いたアジサイ。
もともと頭の重い柏葉アジサイを含め、他のアジサイたちも頭が
重くなり、お辞儀状態。翌日晴れると少しずつ戻っていきました。

今年のアジサイは猛暑でバテたり、お水を飲み過ぎたりと大忙し。
でも、日差しにも強い雨にも耐え忍んで、爽やかに咲いています。
お立ちよりの際には、ぜひご覧になってみて下さいね。