画像1



         『堀の蝶々』
本日はご来訪いただきまして、ありがとうございます。
今年の関東はほぼ例年通りの梅雨入り。晴れて暑い日が
あったかと思えば、翌日には急に涼しくなり、体調管理が
難しい今日この頃です。

先月から今月初めは雨が降っても量が少なく、本堂前の
堀は途中で水の流れが切れてしまっていました。ある日
その堀の脇を歩いていると、堀から何かがふわふわっと
舞い上がったように見え、驚いて立ち止まってしまいました。

堀を覗いてみると、水が無くなりそうな所で蝶や蜂たちが
水を飲んでいます。人の足音に驚いて飛び立った様ですが
しばらくすると、また元に戻って水を飲んでいました。
そこは虫の社交場のようにも見え、自然の中でもなかなか
遭遇しない、面白い景色でした。



    今月のお花:『紫陽花(アジサイ)』
梅雨時のお花といえば、「アジサイ」をご想像される方が
多いのではないでしょうか?昔からお寺にはアジサイが多く
植えられ、拙寺にも数十本のアジサイが植えられています。
正確な数はわかりませんが50株以上はあると思います。

アジサイの名所ほどの株数や、密生具合ではありませんが
種類や色は株数の割には豊富かもしれません。西洋アジサイ
ガクアジサイ、カシワバアジサイ…。八重の様に見えるもの
丸みを帯びているもの、葉の色が変わっているもの。

ピンク、白、紫、青、これらの色が混ざったものなどもあり
この季節の拙寺では、いたるところにあるアジサイの株が
ご来訪になられる方々を、色とりどりのお花でお出迎えして
います。

6月中半からは、山門から登っていく階段の両脇のアジサイが
咲きます。堀の中など、変わったところに根付いたものもあり
一株一株違う形や色を、ゆっくりご覧になって頂けると、きっと
楽しんで頂けると思います。